Djangoのインストール

PythonとDjangoは下記のバージョンで説明をします。

  • Python 3.6.5

  • Django 2.0.6

コンソール (コマンドプロンプト)を開いて作業をします

Note

  • ソースコードを編集するにはエディターを利用します。資料ではエディターは「vi」として記述しています。適宜、お使いの環境のエディターに置き換えてください。

  • エディターがインストールされていない場合は、Visual Studio Code https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/code-vs.aspx 等をインストールしてください。

  • 統合環境で開発する場合は、JetBrain社の PyCharm Community - https://www.jetbrains.com/pycharm/download/ であれば無料で利用することが出来ます。

Pythonのバージョン

Pythonのバージョンを3.6系であることを確認します。

$ python -V
Python 3.6.5

Note:

  • インストールした環境により python → python3 と"3"を付与する必要がある場合があります

  • Windowsの場合「$」を「C:\Users\\Documents\geodjango>」とコマンドプロンプトの表示を読み換えてください

仮想環境構築

venvモジュールを使って仮想環境を構築します。 仮想環境を使うことで個別にPythonの動作環境が作成することが出来ます。

仮想環境作成

$ python -m venv <仮想環境の名前(例)env)>

$ mkdir geodjango
$ cd geodjango
$ python -m venv env
MacOSの場合
$ ls
env/
Windowsの場合
c:¥> dir
2018/06/12 14:48 <DIR> env

仮想環境モードになる

MacOSの場合
$ source env/bin/activate
(env) $
Windowsの場合
c:¥> env¥Scripts¥activate.bat
(env) c:¥>

仮想環境から抜けたい場合

無効化(deactivate)する
$ deactivate

Djangoのインストール

インストール済みパッケージを確認
(env) $ pip freeze (インストール済みのパッケージを必要とされるフォーマットで出力)

全てを表示する (env) $ pip list (インストール済みの全てのパッケージリストの表示)

パッケージソフトウェアpipをアップグレード
(env) $ pip install --upgrade pip
Windows
(env) c:¥ python -m pip install --upgrade pip
バージョン確認
$ pip -V
エラーが出たら"--force-reinstall" オプションをつけて再度アップグレード
(env) $ pip install --force-reinstall --upgrade pip
または
(env) $ python -m pip install --force-reinstall --upgrade pip
Djangoインストール
(env) $ pip install django
または
(env) $ pip install django==2.0.6 <= バージョン指定
インストール済みパッケージを確認
(env) $ pip freeze
Django==2.0.6
pytz==2018.4
Djangoのバージョン確認
(env) $ python -m django --version
2.0.6

Windowsの場合のCコンパイラのインストール

pip installで、Pythonのパッケージをインストールする時に、Cコンパイラが必要となる場合があります。 WIndowsは標準でCコンパイラーがないので、別途インストールしてください。

Cコンパイラーは、Microsoft社製のBuild Toolsをインストールする。

  1. ダウンロードサイト:https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

  2. 「Tools for Visual Studio 2017」の「Build Tools for Visual Studio 2017」 をダウンロード

  3. インストーラを実行

  4. 「Visual C++ Build Tools 2017」をチェックして インストール ボタンをクリック