インストール

インストール

GeoDjangoで開発する為に必要なライブラリをインストールします
  • Python3.5以上
  • PostgreSQL 9.5以上
    • PostGIS 2.x以上
  • OSGeo4W (GISライブラリ)
    • GDAL(Geospatial Data Abstraction Library)
    • GEOS (Geometry Engine, Open Source)
    • PROJ4 (Cartographic Projections Library)

Pythonのインストール

Python 3.6のインストール方法の説明をWidowsとMac(OSX)の環境で説明します
Pythonインストール参考

Windows

Windowsのシステム情報でシステムの種類が32-bitバージョンか64-bitバージョンかを確認してください。 (例)コントロールパネル>システムとセキュリティ>システムを開く
Python for Windowsを https://www.python.org/downloads/windows/ から最新版の「Latest Python 3 Release - Python 3.6.5」(2018年6月4日現在)をダウンロードしてください。
1
Python Releases for Windows
2
Latest Python 3 Release - Python 3.6.5
3
Latest Python 2 Release - Python 2.7.15
Copied!
Widnowsの環境によってダウンロードするファイルが違いますのでご注意ください。
  • 64ビット版のWindowsの場合
    • "Windows x86-64 executable installer" (Windows x86-64実行可能インストーラー)をダウンロードしてください。
  • 32ビット版のWindowsの場合
    • "Windows x86 executable installer" (x86実行可能インストーラー)をダウンロードしてください
インストーラをダブルクリックして実行します。ダイアログが表示されるので、 「Add Python 3.x to Path」を忘れずに必ずチェックしてから「Install Now」をクリックします。
インストーラーが実行されるので、終了まで待ちます。
インストーラーが終了するとダイアログが表示されるので「Close」ボタンをクリックして終了します。
コマンドプロンプトを実行します。 例)スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト
コマンドプロンプトが実行されます。
「python -V」を入力して、Pythonがインストールされたバージョンを確認します。
1
例)python -V
Copied!
注意 パソコンの環境によって「python」ではなく「python3」となる場合があります。パソコンの環境を確認ください。「python3」だった場合はこれ以降は「python」を「python3」と読みかえてください
1
例)$ python3 -V
Copied!
pipのバージョンも確認します。pipも、Pythonと同様に環境によりpip3となる場合があります。これも「pip」を「pip3」と読みかえてください
1
$ pip3 --version
2
pip 9.0.3 from xxx (python 3.6)
Copied!

Mac(OSX)

Python for Macを https://www.python.org/downloads/mac-osx/ から最新版の「Latest Python 3 Release - Python 3.6.5」(2018年6月4日現在)をダウンロードしてください。
1
Python Releases for Mac OS X
2
Latest Python 3 Release - Python 3.6.5
3
Latest Python 2 Release - Python 2.7.15
Copied!
OSの環境によって、macOS 64-bit/32-bit installer(for Mac OS X 10.6 and later)または、macOS 64-bit installer(for OS X 10.9 and later)を選択してダウンロードしてください。 ダウンロードされたら、pkgファイル(python-3.6.5-macosx10.6.pkg)をクリックしてインストーラーを実行してください。
インストールが正しく行われたか確認するために、 ターミナルを開いて「python3」もしくは「python」コマンドをタイプしてみてください
1
$ python -V
2
Python 3.6.5
Copied!
注意 Macの場合、デフォルトでpython2がインストールされています。必ずバージョンを確認して 「python -V」が2系だった場合は、「python3」を使うようにしてください。「python3」だった場合はこれ以降は「python」を「python3」と読みかえてください
1
$ python -V
2
Python 2.7.14
3
4
$ python3 -V
5
Python 3.6.5
Copied!
pipのバージョンも確認します。pipも、Pythonと同様に環境によりpip3となる場合があります。これも「pip」を「pip3」と読みかえてください
1
$ pip3 --version
2
pip 9.0.3 from xxx (python 3.6)
Copied!

PostgreSQLのインストール

Windows

参考
Enterprise DBのWebサイトから PostgreSQL 9.x のインストーラー https://www.enterprisedb.com/downloads/postgres-postgresql-downloadsをダウンロードします。
インストーラを実行し画面の指示に従いデフォルトのオプションでインストールしてください。
PostgreSQLインストーラはpostgresデータベースのスーパーユーザーを作成します。 パスワードは忘れないようにしてください。
ポート番号はデフォルトの5432を設定します。
localeは「Japan」を選択します。
準備よければこれでインストールを開始します。
インストールが開始されるので、インストーラが完了するまで待ちます。
インストーラが完了すると、終了時にApplication Stack Builder(ASB)を起動するか質問されます。 PostGISをインストールする必要があるため、このチェックボックスをオンにします。
スタックビルダ(ASB)が起動されるので、インストールされたPostgreSQLを選択します
Spatial ExtensionsからPostGIS 2.4を選択します
下記の拡張の一緒にインストールされます。
1
PostGIS 2.3.7 bundle includes PostGIS 2.3.7 w GDAL 2.2.4, GEOS 3.6.2,
2
Proj4.9.3, pgRouting 2.6.0, ogr_fdw 1.0.5 spatial foreign data wrapper
3
extension, and pgPointcloud 1.1.0dev.
4
http://postgis.net/2018/04/06/postgis-patches/
5
6
PostGIS "spatially enables" the PostgreSQL server, allowing it to be used
7
as a backend spatial database for geographic information systems (GIS).
8
PostGIS follows the OpenGIS "Simple Features Specification for SQL" and
9
has been certified as compliant with the "Types and Functions" profile.
10
11
https://github.com/pgRouting/pgrouting/releases/tag/v2.6.0
12
pgRouting extensions PostGIS for building routing applications
13
14
https://github.com/pramsey/pgsql-ogr-fdw
15
ogr_fdw allows you to query flat files, relational databases, and web
16
services to name a few. Spatial columns get transformed to PostGIS
17
geometry columns.
18
19
https://github.com/pgpointcloud/pointcloud
20
pgPointcloud introduces specialty types for storing point cloud data
21
loaded from LIDAR.
Copied!
ダウンロードディレクトリを選択します
ダウンロードされたら「次へ」ボタンを選択します。
ライセンスを読んだら「I Agree」ボタンを選択します。
PostGISがチェックされていることを確認し「Next」ボタンを選択します。
インストールディレクトリを確認し「Next」ボタンを選択します。
インストールが開始されます。
環境設定の画面で「はい」を選択します。 環境設定GDAL_DATAに"C:\Program Files\PostgreSQL\9.6\gdal-data"が設定されます
デフォルトの設定はそのままで「はい」を選択します。 環境設定POSTGIS_GDAL_ENABLED_DRIVERSに"GTiff PNG JPEG GIF XYZ DTED USGSDEM AAIGrid"が設定されます
デフォルトの設定はそのままで「はい」を選択します。 環境設定POSTGIS_ENABLE_OUTDB_RASTERSに"1"が設定されます
インストールが終了したら「Close」を選択します。
スタックビルダを終了します
正常にインストールされた場合、メニューの「PostGIS」のグループが作成されます。 PostgreSQLサーバはWindowsが起動時に自動で実行されるように設定されます。
Windows10の場合

PostgreSQL/PostGIS環境変数、パスの設定

「ユーザー環境変数」に設定をします。
[Windowsシステム・ツール] →[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[システム]と進み、画面左にある[システムの詳細設定]をクリックする。
Windows10の場合
ウィンドウの[環境変数]ボタンをクリック。
「C:\Program Files\PostgreSQL\9.6\bin」(PostgreSQLをインストールしたディレクトリ)をPATH変数に追加します。
「ユーザー環境変数」の一覧に「Path」がある場合 「Path」を選択した後[編集]ボタンをクリックして「C:\Program Files\PostgreSQL\9.6\bin」を追加します
「ユーザー環境変数」の一覧に「Path」がない場合 [新規]ボタンをクリックし、変数名に「Path」、変数値に「C:\Program Files\PostgreSQL\9.6\bin」を入力します。
Windowsメニューから「コマンドプロンプト」を起動して、Pathの設定が有効か確認します。
「コマンドプロンプト」で「psql -U postgres -l」と入力してインストールの時に設定した管理パスワードを入力してデータベース一覧を表示してみます
「コマンドプロンプト」で「ogr2ogr --version」と入力して、GDALのツールがインストールされているかを確認します。

Mac(OSX)

参考
Homebrew (パッケージ管理システム) を使用してインストールをします。 Homebrewをインストールしてない場合は、Homebrew公式サイト https://brew.sh/index_ja を参考にしてHomebrewをインストールしてください。
Homebrewインストール参考 MacにHomebrewを導入する方法 - https://qiita.com/balius_1064/items/ac7dff5ef10eaf69996f
1
インストール方法
2
1. AppStoreでXcodeのインストール
3
2. コマンドライン・デベロッパ・ツールのインストール
4
$ xcode-select --install
5
3. Homebrewのインストール
6
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
7
4.確認
8
$ brew doctor
9
Your system is ready to brew.
10
となっていれば導入成功です。
Copied!
下記のbrewコマンドを入力してPostgreSQL/PostGIS/GISライブラリのインストール をします。
1
$ brew install postgresql
2
$ brew install postgis
3
$ brew install gdal
Copied!
PostgreSQLの起動
1
$ pg_ctl -D /usr/local/var/postgres -l /usr/local/var/postgres/server.log start
2
3
$ psql --version
4
psql (PostgreSQL) 9.6
5
6
データベース確認
7
$ psql -U postgres -l
8
List of databases
9
Name | Owner | Encoding | Collate | Ctype | Access privileges
10
-------------+----------+----------+---------+-------+-------------------
11
postgres | homata | UTF8 | C | C |
12
template0 | homata | UTF8 | C | C | =c/homata +
13
| | | | | homata=CTc/homata
14
template1 | homata | UTF8 | C | C | =c/homata +
15
| | | | | homata=CTc/homata
16
(xx rows)
Copied!
PostgreSQLの停止
1
$ pg_ctl -D /usr/local/var/postgres stop
Copied!