空間データとファイル

地理情報のデータ

GISでよく利用するデータとしてベクトルデータとラスタデータがある。

データ

特徴

代表的なファイル

ベクトル

ベクトルデータ

SHAPE, KML, GeoJSON

座標値を持ったデータ

拡大縮小による劣化がない

地物は、ポイント(点)、ライン(線)、ポリゴン(面)で表現される。

ラスタ

ピクセル(画素)で区分された画像データ

GeoTIFF, PNG, JPEG, GeoPDF

品質は解像度に依存する

拡大縮小で劣化する

連続性のあるデータに適している。

ピクセルごとに値を用いて地物を表現する。

ワールドファイルという、別ファイルに地理参照情報をもたせるものもある。

* https://gis-oer.github.io/gitbook/book/GISオープン教材/01_GISの基本概念/GISの基本概念.html

シェープファイル(Shapefile)

  • GISの世界市場でトップシェアを誇る米国ESRI社が提唱したファイル

  • GIS業界のデファクト的なファイルフォーマット

  • ベクターデータ形式のファイル

  • 同名ファイル+拡張子の複数ファイルがセットとなる。必須ファイルとオプションファイルがある

    • 必須ファイル:

      • .shp - 地形情報のファイル

      • .shx – レコードのインデックスファイル

      • .dbf - 縦表形式の属性情報ファイル。dBASE IV形式

    • 代表的なオプションのファイル:

      • .prj — 座標系の定義情報. 座標系および投影情報

  • 日本語の文字コードはSJISが比較的多い

GeoJSONファイル

  • JavaScript Object Notation (JSON) を元に空間情報データの拡張をしたもの

  • ベクターデータ方式

  • RFCで定義The GeoJSON Specification (RFC 7946)

  • TopojsonはGeoJSONの拡張したファイルフォーマット

    • GeoJSONの描画を高速、コンパクト化するためにデータを最適化している。

    • GeoJSONのデータ量を非可逆圧縮している。

GeoTIFFファイル

  • TIFF(Tagged Image File Format)ファイルに地理情報を埋め込んだもの

  • ラスターデータ形式